おんがくの玉手箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

いろいろと挑戦してみればいいじゃないw

フュージョンっぽい曲(?)に挑戦してみました。

Shooting star. (mp3)

不慣れな感じ丸出しだなーw
ドラムとかもっとうまく扱えるようになりたいです(涙
音質がいいヴァージョンはそのうちどっかで公開します。
たぶん


そういえば海へと向かう組曲もちょっとずつ製作中です。
でも結構悩み中・・・
  1. 2007/10/12(金) 18:55:19|
  2. 作曲|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:35
<<公開しました。 | ホーム | とりあえず出来ました>>

コメント

すげえ。

こんなにクラシカルな楽器でのフュージョンははじめて聴きました(笑)でもs.aさんの今までの曲から考えると決して突然変異では無いですね。
細かい動きが得意な方ですからジャズとの相性は抜群のはずです。プログレッシブロックとかそういう感じを受けました。
ジャンルの幅を広げていくのはいい事です。
なにを作ってもs.a音楽になってしまうところに驚きを禁じえません。細野晴臣さんなんか聴いてみるといいかも。
ではまた。
  1. 2007/10/20(土) 01:33:35 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

自信が無かったのでそういってもらえると本当に嬉しいです(^^
私の曲はまだまだ野暮ったいというかなんというか・・・(^^;
やっぱり慣れませんねー(汗
y.HIKOSAKAさんのポップな曲での表現などとてもうまいので、いろいろ教授していただけると有り難いです。

細野晴臣さんですか~ 名前初めて聞きました
ちょっと調べてみますね。
  1. 2007/10/21(日) 11:58:09 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

s.aさんはそのままでいいと思いますよ(笑)
私の場合は現代曲は一時期だけどっぷり嵌まって、「俺にはこういうのは向いていないし書けもしない」と思ってやめてしまいましたが響きとか「無音」の使い方などはどんなジャンルにも使えると思いました。
細野さんはYMOで坂本龍一らと一緒にやっていたベーシストです。変わったおっさんですね。ちょっと民族っぽい感じの曲を書くのですが基本はポップスです。
s.aさんのコメントを読んで先生が(私の先生の師は平義久と末吉保雄という方なのですが)、私にもよく「現代曲は書かないんだね~」と残念そうにしておられた姿が思い浮かびました。
でもこのサイトでいつも新たな知らない名前(ドナトーニだとか)を書いてらっしゃるので今でもCDを探して聴いたりしています。
  1. 2007/10/21(日) 15:21:44 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

いやいや
そういっていただけると有り難いです(^^
ドナトーニはかなり面白いです。Spiriとか特にいいですね。
あとはグリゼー(TaleaとかVortex temporum)とジェラール・ペソン(Recreations francaisesとかMes beatitudes)が特にいいと思います(私的に笑
細野さんの曲聴きましたよー なかなかユーモアのあるというか、洒落た曲ですね。結構好きかもです(^^

私は現代曲を書きたくて作曲家を(一応)目指しているので、そのことを地元の先生に伝えると結構喜んでくれましたね(笑
若い人にそういってもらえると救われるとか。でも一部の先生は、最近の現代音楽への嫌悪が相当なものみたいです(汗
私が師事している芸大の先生なんかそうですね。今後の方向性に困り中ですw
  1. 2007/10/23(火) 17:58:34 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

細野晴臣さんは「フィルハーモニー」ってアルバムが一番音響っぽいですね。これはポップスと割切れない深さ(実際はサンプラーでアドリブ録音(適当)だったらしいですが・・・)があります。まあ坂本龍一と互角に張っていたのだから只者じゃないです。
わー又s.a推奨リストに名前が増えた。しかも売って無そう・な作家・・・。ハダメス?・ニャターリは結構フランスで有名な人だったらしいですね。放送音楽とかの大御所らしい。意外。

私は何だかんだ言ってコードで発想する習慣があるので機能和声を抜けられませんが今度はs.aさんを見習い現代っぽいのを書いてみます。切磋琢磨ですよ。
  1. 2007/10/23(火) 21:31:00 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

お!ニャターリってフランスで有名な方だったんですね。
おしゃれな曲が多いのでフランスでも受けがよかったんでしょうね?たぶん

是非現代的な曲を書いて欲しいですね~楽しみです!(^^
ただ書くのに無駄に疲れる割には、あまり好まれないというカワイそうなジャンルなのでw書いても報われないかもしれません・・・(^^;
  1. 2007/10/24(水) 17:28:26 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

誰かさんはニャターリを日本で言う中村八大みたいなものだと言っていました。そんなポピュラーな作曲家だとは。
でも日本でも前衛から放送音楽へ行った人もいますからね。
・・・・・・・・
見様見真似でやるしかないですね。
発想がまず湧かないですから・・・。ま、取り敢えず機能和声っぽくないのを書いてみます。参考になる本とか譜は無いですかね(笑)s.aさんは無調でいきなり書けました?
  1. 2007/10/24(水) 21:52:47 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

見様見真似でいいと思いますよ。というか私もインテリジェンスが無いのでよく分かりません、ごめんなさい(汗
私の場合は響きを重視してちょっとずついろいろ試しながら書いてました。花ドライヴでいうと最初の部分は縦の響きを重視して、中間部は横の線を重視し、徐々に融合させていく、みたいな方法をとったりしています。よく分かりませんが(^^;
  1. 2007/10/25(木) 16:49:37 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

ミニマルっぽいループを作って。それをしばらく無心に聴き、聴こえてきた音を足して行くっていう方法しか今は思いつきません。ベルクとかウェーベルンとかどういう風にやってたんですかね。
最近リゲティを聴きましたがやっぱり構成はよう分からん(笑)まあすぐ分かるようなのじゃダメですけど。
ワーグナーとかリストとかちゃんと聴いていないので何か自分の中で足りない部分(段階を踏んでいない)を感じます。
ま、無くてもいきなり書ける人もいるんでしょうが。
s.aさん、芸大和声をやっている時点でインテリジェンスですから(笑)
s.aさんが違うのであればほとんどの人が脱落です。
確かに知識・見識が有る人は居ますけどね魅力が無いんだ、曲に。s.aさんのは一音・一瞬で来るものが有りましたよ。これはスゴイと思った。
  1. 2007/10/25(木) 22:42:14 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

そのアイディアは良さそうですね。一柳さんのタイムシークエンスっぽい感じになりそうです↓
http://www.youtube.com/watch?v=6z0f_ayRHWc
http://www.youtube.com/watch?v=8ClePPyi4rc
ベルクは調性と織り交ぜたりしていましたがウェーベルンは本当に規則的に配置されている印象です。リゲティはサンフランシスコポリフォニーとか凄いですよね・・・複雑で。ピアノエチュードは多くのピアニストに演奏されてますし。
私の曲に魅力があるといっていただけるのは本当に有り難いです。でもy.HIKOSAKAさんの方がいい曲書いていると思いますよ。
たぶん現代曲を書いても私より数段上の作品になるんじゃないかなーと思います。
  1. 2007/10/25(木) 23:32:23 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

コメントを返しすぎて本当にすみません。
でもs.aさんとやりとりをしていると一回一回が新たな発見で面白すぎて・・・。こんなに深く作曲に関して語れる方がいらして嬉しいです。
ご迷惑でなければ今後も色々アドバイスを下さい(笑)
一柳慧さん(「とし」だっけ)すごいですね。
ピアニストは工事現場の兄ちゃんですね。お客さんも出てきた瞬間笑ってますね。繊細さとのギャップがいい。
・・・・・・・・・・・
あまりハードルを上げないで下さいね。現代音楽のバイエルレベルってことで。
私はコードネームから発想してきましたので、まずそれを取っ払い、響きに集中するようにしないと無理ですね。
ものすごい苦痛です。
s.aさんは武生音楽祭(細川俊夫さんとか?)の福井の方でしたっけ素晴らしい音楽家が生まれる土壌があるんですね。
作曲されるときは何度(I・Ⅴとか)の和音とか意識してるんですか?無調の場合に統一感を得る為にどんな工夫をされているんでしょうか、楽譜を売って下さいって感じです(笑)
実際弾いたり、アナライズした方が身に付きそう。
シークエンス内の和音(というか音列から外れた音を使ってもいいんですかね)何でもありにも見える現代曲。ん~難しい。今日はセヴラックとワーグナーを買いました。
書けるかな~、s.a先生。
  1. 2007/10/26(金) 22:38:41 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

いえいえ、私も話を出来るのは嬉しいので(^^
youtubeの映像は芸大の卒業試験らしいです。演奏しているのは平野弦という人でいろいろ問題のある方らしいですw(^^;

細川さんは広島の方ですよ~なぜか田舎で音楽祭をやりたがる人みたいですwこの人の曲はあんまり好きじゃないけど(汗
現代曲は"良ければ"何でもありだと思います。たぶん・・・クセナキスも感性で書いていた部分が多いらしいですし。
私もよく分からないのでお互いに模索していきましょう(^^;
セヴラックは舘野さんの演奏かな?ゼルダーニャとかいい曲ですよねー。「日向で水浴びする女たち」はまるで女性の嬌声が聞こえてきそうなくらい美しいですし。
  1. 2007/10/27(土) 17:13:16 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

10・28

すごいっすね。これで対談集作りますかね?
・・・・・・・
芸大の試験で一柳さんの曲ってのも凄いですね。でも冷静に見るとパフォーマンスって感じがして何か音楽とは方向性が違う気がします。足で弾く奴もしかり。メカニカルな面白さもあっていいとは思いますが、私は繊細な壊れそうな曲が好きです。
s.aさんと私の曲の差も(比べるのもおこがましいですが)鋭さに有ると思いました。まあMIDIですから実際s.aさんが弾いたらまた違うんでしょうが。
自分には無い物に惹かれるって奴ですね。ただ、根底に似たもの、響きや匂いを感じたのです。尖り切れない部分があるというか・・・。要はポップさなんですけど(笑)
PDFファイルもとても興味深く拝見しました。緻密で隙の無い構成力、和声の展開の妙味は流石です。
私はジャズもかじりましたので安易に(9thや13th)をつかってしまう時がありますが、s.aさんは全うにクラシカルな手法で書いた結果前衛的な響きを獲得しているのが天才的です。毎日練習してますよ。ヘンデルのワルツのやつが好きで好きで(笑)
セヴラックのその曲聴きたいですね。わたしの買ったのは有名な廉価版ナクソス社(1000円CD)です。無名の演奏家達やオーケストラ(失礼か)があまり世に出ていない曲をやっていて面白いシリーズです。
  1. 2007/10/28(日) 00:24:32 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

ヘンデルじゃなくて「オルゴールのワルツ」でした。失礼。
  1. 2007/10/28(日) 00:43:32 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

対談集作りましょう(笑
確かに効果音みたいなのが断片的に鳴っているだけで音楽的ではないかもしれませんね。
しかしピアニストにとってはよいレパートリーになる曲ではありますね。
私もポップからの影響は非常に大きいです。なんらかの部分でやはりポップな匂いがするとおもいます。現代音楽にしてもポップさを含んだ曲を書きたいですね。実際そういう曲を書く人も多いですし(ジェームス・ディロンとか?)
和声に関してはラヴェルとかよく見てみると意外と3和音とか単純な和音が多いんですよね。テンションの高い和音は取って置きにしておくと言う感じですかwまぁジャンルとか曲想によるとも思いますよ。自由でいいんじゃないですか?たぶん(^^;
オルゴールのワルツは冒頭の部分は高1か2の時に作曲したので、ちょっと単純すぎる感じがするかもです。
こんなくだらない曲を練習する意味は無いですよ(汗
  1. 2007/10/28(日) 22:48:52 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

どこまで続くか対談集(笑)
実は今、私は音楽の仕事に就きたいと思い悩み果てているのですが、やはりDTM力の壁は厚く不合格続きですね。給料も今のままでも何とか食ってけますから迷いどこです。
学歴も無いので教師になる訳にも行かず、情けない。
まあ音楽業界の面白いところはいつでも力さえあれば採用されるところですね。粘りますか。
打込みはヴェロシティだ何だをやるのが面倒で疲れます。数字きらいだし。まあ総譜を書くのはもっと大変ですがね。
昔の暇だったときは苦じゃなかったものが会社勤めをし出すと付き合いだ何だで精神的に疲れ、休日も作曲する気力が起きません。オッサンの愚痴で申し訳ない。
s.aさんの以前に書かれたらしき譜を拝見しましたが非常に細かいところも整然と書かれていて感動しました。
自然に♯9thとか連結されていたり4度和声の使い方も音楽的な必然性を感じました。高校の時にあんな素敵なメロディを書いているのは才能ですよ。Ⅱの9の和音から始まってましたかね確か。その時点で斬新ですよ。全盛期の小室っぽくて(笑)
私見ですが大編成のオケより室内楽で本領を発揮されるタイプ(教授とか)だと思いました。勿論、大編成にも挑戦して頂きたいですけど。
上記で仰るとおりラヴェル、ドビュッシーも3和音の部分も多いですよね、jazzのように安易にテンション乗っけないから、転調や不協和声が際立つんですね。刺激と同じで、強いのばかりでは効かなくなってくるという・・・。
「くるくるフラワー」は優しい曲ですね。高価な音源ほど響きが柔らかくなるのですが、硬質なままのがs.aさんの曲に向いているのかも分かりませんね。
とても太刀打ちできないので私はへにゃへにゃな甘ったるい音楽にしようかな。と思いました。
  1. 2007/10/28(日) 23:36:54 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

音楽の仕事は夢はありますけど現実は厳しいですよね・・・抽象的なものなので具体的にどうしたらいいかもハッキリとは分かりませんし(汗
やっぱり音楽性だけではなく機材等の技術面が重要になってくるんですかね?
ちなみに私も数字嫌いです(笑
昔の譜面は汚さが目立つので・・・お恥ずかしい限りです。
(今でも汚いとよくいわれますが^^;
近代やポップな曲では結構サブドミナントから始まるものも多いですよね。(ラヴェルのハイドンの名によるメヌエットとか)
ちなみにくるくるフラワーもIVの9から始まっています。私は昔からこの始め方が好きみたいです。
私は室内楽が好きなのでw交響曲よりも室内交響曲を書きたい人です(笑
豪華なのはなぜか好きじゃないんですよね・・オケでもハイドンやモーツァルトあたりの編成で書きたいですね。
くるくるフラワーはらく~な気持ちで書いた手抜きな曲なので(特に工夫が無いと言うか・・・)
ポップな曲が得意なy.HIKOSAKAさんから見ると突っ込みどころ満載なのではないですか?(^^;
  1. 2007/10/29(月) 19:38:15 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

熱出してぶっ倒れてます(笑)悩みすぎ。
くるくるフラワーはいい曲ですよ。大好きです。突っ込みどころはs.aさんご自身が把握されていると思うので。
おそらく打込みの先生に見せたらドラムでしょうね、指摘されるのは。でも、s.aさんのこれまでの音楽的志向からいったら良くぞここまでと思いますよ、自然にハイハットやサスペンデットシンバルっぽいのも入っているし。
私も一時期ドラムをかじりましたが、人間の動作で不可能な動き特にスネアとクラッシュとハイハットを同時に鳴らすとかは無理です。DTMは千手観音のように出来てしまいますが。生志向ならこだわる必要もあるかもしれませんが、ドラムなんてのは上手い人に任せりゃいいんです(笑)変拍子を間に少し入れるとフュージョンぽくはなると思いますが、過去の遺物ですな(笑)
新曲サンプルも聴きました。調弦のラが割かし中音域で鳴っているのが不思議な感じでしたよ。
オルガン点てのはバスか高い音域ですものね通常。
思いついた事を即実践されるところがやはり魅力です。だんだんポップス志向になっている気がしますがアヴァンギャルド(古いか)なやつもお待ちしています。
s.aさんは今音大生でしたっけ?実は私ももう一度音大受験したいなと思うようになりました。社会人入試とかあるようなので・・・。難易度とかは全く分かりませんし経済的なことも悩みますが、音楽への思いがどうにも断ち切れず鬱屈しております。何かご存知でしたら些細な情報でもくださいませ。
今日はラッヘマンの「マッチ売り」を聴きましたが分からん(笑)音響派ですかね。多分劇も見ないとダメなんでしょうけど、やはり複調や無調あたりまでが私の感性内かもしれないと感じましたよ。何でもありですな現代曲!
  1. 2007/10/31(水) 22:07:37 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

だいじょうぶですか?(^^;
お体にはくれぐれもお気をつけください。
そうですね~ドラムは一応人間が出来そうな感じにしようとは思っているのですが、実際の配置がよく分からないので、不自然な譜面になっているんでしょうね(汗
もっと勉強が必要ですね~・・・

ドローンって低音の保続音ことを言うのかもしれないのでタイトルがおかしいかもです(^^;
音源での保続音は440Hzなのでかなり中ですね。本当は低音で鳴らしてたんですけど、普通すぎて面白くなかったのでw下手したらペルトの劣化版みたいになっちゃいそうですしね。
ちなみに私は(恥ずかしながら)現在は浪人生ですw去年の様子しか見てませんが、特に作曲科は普通に20~50代くらいまで幅広くいましたね。そう考えるとy.HIKOSAKAさんはかなり若い方になると思うので、もう一度挑戦してみては?海外っていう手もありそうですが・・・手間がかかりそうですね(^^;
いきなりラッヘンマンの「マッチ売り~」は厳しいですねw私もCDもっていますが
おぉ!と思う部分もあればよく分からない部分もあるって感じですね・・・(結局良く分かってないんです^^;
調性を感じるというとやはりペソンが一番オススメですね。CD売ってなさそうだけど(汗
あと近藤譲とか・・(梔子なんかは名曲です^^
まぁ現音聴くくらいならもっと美しい音楽を聴いて、分析した方が得な気がしますがw
  1. 2007/11/02(金) 23:38:42 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

s.aさんを採らない大学がおかしいと私は断言します(笑)
あんたらが才能無いんじゃないのって言ってやりたいです。
私の出身高は桐朋(普通科・音大も母体は同じ)という学校なのですが(進学率はいいらしいが私には関係無し)。川島素晴さんという作曲家が先輩にいらっしゃる事を最近知りました。確か一浪で芸大に入っていました。結構有名みたいです・・・
まあ大学入試はそれなりの基準があるでしょうしタイミングや相性もありますからね、気長に行きましょう。
ヤマハのサイトでスランプと書かれていましたが、変革の時かも分かりません(大げさですが)マグマのようにs.aさんの芸術性が堆積している過程にいらっしゃるのだと思います。
私も現代曲に挑戦中ですがいきなり安易な不協和音に逃げ始めています(笑)武満徹さんとか、これ適当じゃん実は(笑)とか思ったりして一人でほくそえんでいますよ。何を伝えたいのか(別にメッセージ性は無くとも)を突き詰めるしかないですね、書法は有れば有るほどいいのかな?
私も鬱期です、むかし専門学校を3日で辞めて親の200万パアにしましたから今さら音大?って葛藤してますよ。
・・・・・・・・・・・・・
私ごときの言葉じゃ励みにならんでしょうがs.aさんは音大どうのこうのの次元を超えて光るものがあります、最初に聴いた時のショックは今でも忘れません。ご自分を信じて作曲を続けてくださいね。ラッヘマンも適当ですよ、きっと(笑)
  1. 2007/11/03(土) 00:03:10 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

いやいや、単純に私の実力不足ですよw(^^;
川島さん、超有名人ですね(現代音楽界では)
私の先生とも知り合いだったと思います(先生の曲を演奏したことがあったとおもいますたぶん)
川島さんは作風が奇抜すぎて留年もしているみたいですね(汗)芸大は保守的ですし・・・
武満さんはメシアンやドビュッシーからの影響が大きいだけあって響きに特徴がありますよね。あと空間を感じる曲が多いようなきがします。
適当でいいんじゃないんですか(笑)ただ適当という言葉には様々な意味があるので・・・適当だからこそ難しいのかもしれません。書法は大事でしょうが結局最後は感性が重要になってくるんでしょうね。
私も以前親に非常に迷惑をかけたことはありますよ・・・まぁいまでも浪人して迷惑かけてますが(汗
私の先生は親に音大を反対されたので一人で家を出て、バイトと奨学金で音大に行っていたそうです。

有り難いお言葉ですね。そういっていただけると本当に嬉しいです。こういう言葉がいただけると自分の作品に意味があるんだと思えてくるので。これからもお互いに頑張りましょう。ほどほどに、適当に(笑^^;
  1. 2007/11/08(木) 01:17:29 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

受けようとしている音大の試験に作品提出があるので音源も付けて出す必要があるのですが、まったく基準も何もわからないという(笑)
和声・コードプログレッションをその場でやるか、作品提出か選べるらしいのですが迷いどころです。
ポピュラー系でもいいらしいので計算できない当日の試験より既存の作品を練って出した方がいいのかなあ。
楽典とかはちょっとやれば思い出しますが実技はどうも難しいです。
  1. 2007/11/10(土) 00:48:45 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

う~ん難しいところですよね・・・作品として出すならやはり(エクリチュールなど)評価できるような作品(作風)であったほうがいいんでしょうね、たぶん。
楽典とかソルフェージュはあんまり重要視されてないような気がします(私の主観ですが^^;
かといっておろそかにするとその部分で落とされてしまいますしね・・・
良くないものが1つでもあるとすぐに落とされる、とも言われていますがどうなんでしょうね・・・学校によって違うとは思いますが、大変です(^^;
  1. 2007/11/13(火) 18:44:52 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

結局、既存の曲から選ぶ事にしました。ポップス系でもいいようなので。楽譜を付けろとのことなのでピアノ譜を添えて。
いや、試験てのはやなもんですな。
私の場合今更に学科を勉強する気も能力も無いので音楽一本と小論文みたいな試験しか受けられないので迷わなくていいですが。金も将来も不安という道をすき好んでいくのも不思議な感じです。
  1. 2007/11/14(水) 20:43:37 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

やはり得意なジャンルが一番いいですね。
試験は嫌ですよねw音楽は勉強じゃないですもんね。でも遊びじゃいい曲は作れない・・・難しいものです(汗

作曲家は本当に不安定で苦しい職業なんでしょうね・・・最近聞いたCDの作曲者(若手の日本人作曲家です)を検索してみたら、既に自殺して他界してしまっていました・・・自分の将来も不安です・・(^^;
  1. 2007/11/15(木) 19:07:31 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

パチンコ・ゲームなどのサラリーマン音楽家を馬鹿にしていたら、実はそういう人達は技術力や納期意識が高く、純粋な音楽業界に来ても重宝されるようです。
自分の書きたいものを書く作家なんて食えないのが目に見えていますね。何ともお寒い現実。
でも出発点は音楽をやりたいという心です。何よりも。
私は最近冗談で5社ほど作品と履歴書を出してみましたが全敗でした。当然ちゃ当然ですが、ちょっと悲しいのも事実です。もっと勉強し彼らを超えてやりたいと心から思いました、中学生みたいなレベルですがね。
必要とされているものを全く把握できていないのだと思います。ヤマハのサイトを見ても分かるとおり音楽性など一部の人間しか評価しません。
聴いてわあ凄いサウンドっていうのが一番受けるのです。
でも何か違うと言いたい。音楽は使い捨てされる物ではない心に突き刺さる何かを書きたい。来年の入試に向けもう一度実技だけでなく音楽とどう対峙していくかを考えたいと思います。作曲家の自殺は最近聞きませんね、作家は居ますが。どんな方でしょう。
病気とかで夭折したってのはありますが、自殺とは穏やかじゃない。
  1. 2007/11/16(金) 01:08:06 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

私もまったくの同意見ですね。やはり私とy.HIKOSAKAさんは気が合いますね(笑
そうですね やっぱり残っていくような曲を書いていきたいですね。
大袈裟な言い方ですが、私が曲を書くのは私が生まれてきた意味を見つけるためにやっているようなものなので(笑^^;
どうせ書くなら命を懸けてやりたいものです。
自殺した方もきっと命をかけていたのでしょう・・・
商業音楽はオリジナリティや内容よりも、技術や分かりやすさが必要だと思うので、こだわりのある方やクセのある方には難しいのかもしれません。私なんかは絶対にダメでしょうね(^^;
あと使ってもらうには運も大切でしょうから・・・粘り強くやっていくことが大切かもしれませんね。
  1. 2007/11/19(月) 00:03:24 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

s.aさんは書き分けが出来る技術があると思いますよ。
むしろ、現代曲の美しさをポップに伝える方向性が良いかなと。三枝成彰さんや、池辺晋一郎さんも前衛と向き合いながら実にポップな曲を書いています。私も以前はポップスは浅い等と幼稚な考えを持っていましたが、一曲ヒットさせる難しさを改めて考えています。
難解なものを書く事は大衆を拒絶し、ある意味気楽な部分もあります。変な言い方ですが一曲ヒットさせてから後は好きに書けばいいかなと思います。
武満徹さんが良い例で、現代音楽の日本代表でありながら映画音楽では「他人の顔・・・ワルツ」「どですかでん・・・テーマ」などかなりポップな曲も書いていてそのバランス感覚に畏敬の念を抱きます。まあ大ヒット曲じゃないですけどね。
いや最近は入試の事で頭が痛い(笑)何を出せばいいのやら迷います。自信と弱気が交互に出てきて苦しい。まあ縁があればって割り切りましょう。s.aさんには前衛を追求する力があるので変にまとまらないで居て欲しいですが、死ぬほど思いつめないで下さいね。どうせ死ぬなら一曲ヒットさせましょう。
  1. 2007/11/19(月) 22:59:20 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

(しっかりとした)現代音楽を書くにはかなりの予備知識が必要になると思うので
現代音楽が書ける人は、大体どんなジャンルでもかけそうですよね。(例外もあるでしょうが

池辺さんや武満さんの合唱曲なんかもポップなものが多いですよね。(アマチュアを意識してるのかな?)

入試はそうですね・・私も大変です(汗
私は今年もキツそうです(涙
できるだけ心にゆとりを持っていきたいものですが・・・こういう時精神の弱さがでますね(^^;
まぁ先のことを心配してもしょうがないので・・・w(そうでもないか
とりあえずお互いに頑張りましょう!

  1. 2007/11/22(木) 18:37:35 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

芸術は長い目で見ないと行けませんよ。目先の受験だけが全てではありません。でも入りたいですね(笑)
私は一応、両親に相談したところ受験は応援すると言ってくれました。その後、どうすんの?とも言われましたがね。ただ勉強したいだけじゃ大人の世界では通用しないですよね。
でもはっきり説得できる力は私にはありませんでした。
会社の上司ももう少し冷静に考えろとしか言わず、子供扱いされます。この年で何をとち狂ったかくらいの言われ方されても仕方無いです。
でも勉強したいとしか言えませんでした。
s.aさんなら何と言い返しますかね?
まあ決意は固いですけど自分の感情を上手く伝えられないのは情けないものですね。
昨日はモートンフェルドマンの「ONLY」を聴きました。お化け屋敷のような「ヒュードンドン」の音楽でしたが、徹底的なストイックさが結構好きです。さっきの現実派の上司達から言わせれば、結論は無いのかカデンツは無いのかと言われるかも知れない音楽です。
  1. 2007/11/24(土) 23:05:03 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

難しいですね・・・でも何もせずに後悔したまま人生を過ごしたってろくな事無いでしょうしね。やらなきゃなにも始まりませんし・・・
まぁガキの私が言っても説得力ゼロですが(汗^^;

フェルドマンは厳しいですよね。フェルドマンが好きならヴァンデルヴァイザー楽派とかもいいかもです(私は話でしか聴いたことがありませんが汗

フェルドマンは、ケージの「どうやって作曲したの?」という問いに
「分かりません」と答えたら、ケージは
「それは素晴らしい!」と言ったそうですw
音楽なんて抽象的なものは、説明するのは無理ですよね。好きな食べ物とかでも、なぜ好きか具体的に伝えるのは無理なのと近いかもしれません(笑
感性や書法を磨くことが大切なんでしょうね・・・特に現代音楽だと剥き出しになりますし(^^;
  1. 2007/11/27(火) 20:49:31 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

音大の面接はすごいらしいですね。
坂本龍一を尊敬しますとか言ったらOUTとか(笑)冗談に聞こえません。やっぱり派閥や見えないライバル意識がお互いあるようで、ベートーベンとか言っとけば少なくとも減点はされないという・・・。何やそれ!
フェルドマンとか挙げたら、何の何曲目の何処が好きとか言われそうですし。ああ恐ろしい。
  1. 2007/11/30(金) 23:13:37 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

坂本龍一はダメでしょうね(^^;
作曲のスタイル的にもまずそうです・・・汗
派閥は確実にあるでしょうね・・・コネクションが重要だから多くの人とかかわりを持った方がいいよ、と先生にも言われましたしw
でも結局ははっきりとした説得力のある回答をすれば問題ないかもしれないですが。フェルドマンだと回答に詰まりそうですね・・・(^^;
現代音楽を悪だと思っている人も少なくないみたいですし・・・やっぱり無難なとこがいいでしょうね。
  1. 2007/12/01(土) 00:32:04 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

やはりそうなんですね。何か会社の面接よりも厳しい気もします。会社は取り敢えず仕事できりゃいいよってとこがありますが、音大は好き嫌いがもろに出そうで怖いです。
12月に入ってもまだ実技試験の①曲を作って提出する、か②当日の課題旋律にコードを付けるかどちらか選ぶのに迷っています。
①はライバル達がどんな手を使って(多分先生とかも使って)凄い曲(音源も)を書いてくるか分からない。また自分の作風の中でさらに絞り込んで決めた1曲が認められない可能性もある。
②は当日にならないと何が出るか分からないし、出来るかも分からない(笑)という何ともお粗末な状況です。
取り敢えず悩んでも仕方無いのでオープンキャンパスで偵察するつもりですがこんな作風でこのレベルならいいよとか、そんなアドバイスは有り得ないし・・・高校生達以上に迷っている気がします(笑)
  1. 2007/12/03(月) 14:20:33 |
  2. URL |
  3. y.HIKOSAKA #-
  4. [ 編集]

返信が遅くなりました すいません(汗

私なら②を選びそうですね・・・和声とかも一応勉強してますしw
過去問とかみてみないと分かりませんが(^^;
やっぱりオープンキャンパスに行くのが大事ですね。行くだけで無駄に金とる大学もありますが・・・
明確な回答が得られないこともありそうなので、やっぱりある程度方向性を決めてから行った方がいいのかもですね。
  1. 2007/12/12(水) 21:43:23 |
  2. URL |
  3. s.a #s3UIjlvg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://themusicbox.blog16.fc2.com/tb.php/118-03a5a1a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。